銀行の借入の審査基準は厳しですか?

 

総量規制とは「利用者の年収の三分の一以上の貸し出しを制限する」という規制です。

 

この規制は消費者金融を対象とする「貸金業法」の規制となります。

 

銀行は貸金業法ではなく「銀行法」が適用されているのです。

 

銀行に申し込んだ際に行われるのキャッシング審査において定められた借入限度額内の借入となってきます。

 

銀行が総量規制の対象外だからといって、いくらでも借りられるというわけではないので、地道に増額審査の対策をしていきましょう。

 

銀行が総量規制の対象外であることによって恩恵を受ける人がいるとしたら、それは専業主婦の方々です。

 

総量規制の対象となる消費者金融では、パートなどをしていない専業主婦の方は借入は不可能となっております(年収がない人には貸し出せないため)。

 

ですが、総量規制の対象外となる銀行でしたら自収入がなくても配偶者の方に安定した収入があれば審査通過が可能となっているのです。

 

つまり、銀行が総量規制の対象外であるということは自収入がない専業主婦でも利用できるというメリットが生じます。

 

専業主婦の方は、ぜひ総量規制対象外である銀行カードローンの利用を検討してみてください。

 

なお、総量規制の影響を受ける消費者金融でもパート収入があれば主婦の方も利用可能となるので、パートなどをしている方は消費者金融の利用も検討してみてはいかがでしょうか。