自営業(個人事業主)、スポーツ選手、作家、フリーランス、水商売(キャバクラ嬢、ホスト、風俗嬢)でもキャッシングしてお金を借りる方法はある?

 

キャッシングサービスというと、一つの会社に勤めている正社員の人しか審査に通過できないなんてイメージがあるかと思われます。

 

そのため、自営業(個人事業主)、スポーツ選手、作家、フリーランス、水商売といった職種の方々は審査に通過できないなんてイメージをお持ちではないでしょうか。

 

ですが、ご安心ください、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでしたらきちんと「20歳以上で安定した収入がある」という条件が満たせていれば審査に通過できます。

 

下記ではそれぞれの職種の方がどういった点に気をつけてプロミスの審査を受ければいいのかという点について説明していきますので、ぜひご参考にしてください。

 

SIMガール

 

自営業(個人事業主)、フリーランスの方

 

個人で事業を展開している自営業・個人事業主やフリーで働くフリーランスの方はまず、収入の安定性があるか否かという点を確認しましょう。

 

プロミスが最も注目しているのは収入の安定性ですので、その点が満たせていれば自営業やフリーランスといった職業でも審査に通過できるのです。

 

自営業やフリーランスというと、毎月一定の収入が入るという収入形態ではなく、仕事や依頼が完了して報酬をもらうといった形で収入を得ている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、そういった不定期な収入ですと、プロミスを含め、キャッシング会社の審査に通過できないこともあります。

 

不定期な収入というのでしたら、アルバイトなど副業を始めて毎月一定の収入を確保しましょう。

 

そうした対策をとれば自営業(個人事業主)やフリーランスの方も審査に通過できるようになります。

 

 

スポーツ選手、作家の方

 

スポーツ選手は年俸形式、作家は印税の収入など、収入形態がそれぞれ不定期なケースが考えられます。

 

基本的に、自営業・フリーランスの方と同じく、そうした不定期収入ですとプロミスの審査に通過できないことも考えられますので、副業で収入を一定させましょう。

 

アルバイトなどを始め、一定した収入を確保すれば審査に通過する可能性も高まりますので、ぜひそうした対策をお取りください。

 

なお、毎月原稿料を得ている作家の方や、企業に勤めているスポーツ選手の方でしたら特に問題ありませんので、普通にお申し込みを検討しましょう。

 

水商売(キャバクラ嬢、ホスト、風俗嬢)の方

 

キャバクラ嬢やホスト、風俗嬢といった水商売の方ですと、審査に通過できないなんて不安を感じている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、ご安心ください、水商売の方も「20歳以上で安定した収入がある」という条件が満たせていれば審査に通過する可能性が見込めます。

 

キャバクラ・ホスト・風俗の仕事で収入が安定しない場合は、アルバイトなど副業を始めて収入を安定させましょう。

 

以上のようにSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでしたら収入の安定性が保たれていれば幅広い属性の方を受け入れてくれます。

 

きちんと利用条件を満たしたうえでインターネット申し込みをすれば最短1時間でキャッシングすることも可能なので、ぜひお申し込みをご検討ください。

 

SIMガール